薄毛、白髪のための手作り育毛剤

薄毛、白髪のための手作り育毛剤へようこそ

薄毛、白髪のための手作り育毛剤では、
自宅で作れる薄毛、白髪のための手作り育毛剤をご紹介しています。

 

手作り育毛水や養毛剤で注意することは、
(1) パッチテストをしましょう。

 

化粧品などによる肌トラブルは意外と多いです。
大丈夫だと思っていても、体調の変化や季節によって肌の状態が違い、
肌トラブルを起こしてしまう事もあります。

 

天然成分で作られているものでも、肌トラブルが起きる可能性は避けることができません。

 

使う前には、必ずパッチテストを行い、赤くなったりぴりぴりしないかを確認してから使いましょう。

 

使い続ければ肌がなれるかも・・・と思うのは間違いです。

 

(2) 新鮮な素材を使いましょう。

 

賞味期限が切れたものを捨てるのが勿体無いので、化粧品として使おうと考える人もいます。
ですが、食べられないものを肌につけるのはトラブルの元ですから、
必ず新鮮なものを使うようにしてください。

 

(3) 清潔な道具を使いましょう。

 

育毛水を調合したり保存したりする容器は、必ず洗い、乾燥させてから使いましょう。
特に手作りのものには、保存料が入っていません。
熱湯消毒したものを使うのがベストです。

 

(4) 保存場所に注意しましょう。

 

直射日光があたらず、高温にならない場所に保存するようにしましょう。
冷蔵庫が最も適しています。
保存料を入れませんから、雑菌が入らないように必ず密閉して保存してください。

 

(5) 保存期間に注意しましょう。

 

冷蔵庫保存であれば一週間くらいは大体大丈夫ですが、
生野菜などの素材を使うときには、1〜2日で使い切るのが理想です。

 

アルコールやグリセリンなど、防腐剤の役割を果たすものを入れた場合は、一ヶ月ほど大丈夫です。

 

保存容器に日付を書いておくと良いですね。

 

(6) 肌トラブルがあるときには使わない。

 

炎症など、肌トラブルがあるときには、使用を中止しましょう。
手作りなので肌に刺激が少なく大丈夫では?と思ってしまいますが、
肌トラブルがあるときには、まず皮膚科を受診することが必要です。