薄毛、白髪のための手作り育毛剤

みかんの皮で育毛を促進

柑橘類の皮のエキスには、育毛効果があります。
市販されている育毛剤の中にも、柑橘類の皮のエキスが含まれているものがありますね。
そして、その育毛剤は確かな効果が得られるので人気も高く話題です。

 

脱毛の詳細なメカニズムは、現代科学でも不明な点が多いのですが、
主な原因として男性ホルモンの働きに関与することは分っています。

 

男性ホルモン(テストステロン)は、「5-αレダクターゼ」という酵素の働きによって、
「5-αジヒドロテストステロン」という物質に変換されます。
この5-αジヒドロテストステロンが、頭皮にある毛乳頭の受容体に結合すると、
毛乳頭は、毛母細胞(髪に成長する細胞)に指令を出し、
毛母細胞の活動を抑制し、髪の成長が妨げられると考えられています。

 

つまり、5-αジヒドロテストステロンという酵素が、
脱毛のメカニズムのキーワードになっています。

 

みかんの精油成分に比較的たくさん含まれている「d-リモネン」と
「5-αレダクターゼ」の関係を試験官実験で調べてみると、
育毛水に配合する「d-リモネン」の濃度が高ければ高いほど、
「5-αレダクターゼ」の働きが落ちることが分っています。
つまり、「d-リモネン」は、脱毛の原因を起こす酵素の働きを抑えるのです。

 

また、みかんの皮からつ売った育毛水をつけたときの毛根部分の変化を調べてみると、
みかんの皮のエキスに含まれるアミノ酸の一種であるアスパラギン酸が、
毛母細胞を支えている線維芽細胞を増殖させることが分かっています。

 

みかんに含まれる他の精油成分にも、頭皮の血行を促進する働きがありますし、
複合的に働くことで、より強力な抜け毛阻止効果が得られることも考えられます。

 

血行がよくなれば、毛根部の血管の隅々にまで栄養がいきわたり、
毛乳頭細胞を活性化させることができますから、育毛や発毛に効果が期待できます。

 

さらに、みかんの皮には抗菌作用があることから、
みかんの育毛水を使うことでワキガが消えた、水虫が改善した、虫除けになった・・・
という話もあります。

 

パッチテストを行い、肌が赤くなるなどの刺激がないようであれば、ぜひ使ってみてください。
刺激が強いようであれば、2〜3倍に水で薄め、再びパッチテストをしてみましょう。

みかんの育毛水の作り方

みかんはとても身近な果物で、みかんの皮は漢方薬にも使われるほど薬効が高いです。
みかんの育毛水をぜひ試してみませんか?

 

みかん育毛水の材料(2ヶ月分)

 

2種類以上の柑橘類(温洲みかん、甘夏、伊予柑、ハッサク、レモンなど)の皮を生の状態で50g、
35度のホワイトリカー150ml、密閉容器

 

* 2種類以上のみかんの皮を使うことにより、相乗効果が生まれ、より効果の高い育毛水を作ることができます。
* 育毛効果が高いのは、伊予柑、甘夏、温洲みかんだといわれています。
* ホワイトリカーがない場合は、アルコール度数35度であれば、焼酎で代用ができます。
 日本酒は、度数が低いので、エキスの抽出に時間がかかるので育毛水作りには適しません。
 そして、肌に着けることを考えると、無味のホワイトリカーを使うのが最も適しています。

 

みかん育毛水の作り方

 

(1) みかんを流水でよく洗います。
 (洗剤は使いません。国産みかんであれば水洗いをしっかりすれば農薬も落ちます。)

 

(2) 皮をピーラーで剥きます。

 

(3) 皮をザルに広げて2〜3日ほど陰干しし、からからの状態になるまで乾燥させます。

 

(4) 煮沸消毒した密閉容器の中に、(3)の皮を入れ、ホワイトリカーを注いで漬け込み、
   しっかり蓋をして冷蔵庫で1週間寝かせ、1週間経ったら皮を取り出します。

 

(5) 蓋をしっかり閉めて、さらに2週間冷蔵庫で寝かせたら出来上がりです。
   完成後も冷蔵庫で保管し、2ヶ月ほどで使いきるようにします。
   スプレー容器に移し替えると使うときに便利です。

 

* 冷蔵庫に寝かせていると、オレンジ色が薄くなります。
* 皮の切れ端やシブが浮いていても効果は代わりませんが、気になる場合はコーヒーフィルターなどで濾しましょう。
* スプレー容器に移し変えるときには、急須を使うと便利です。

 

みかん育毛水の使い方

 

使う前に、パッチテストを行ってください。

 

一日2回、朝・晩のシャンプー後の頭に揉みこみます。
一回につける量は4〜5滴で、スプレーであれば1〜2プッシュ程度です。
薄毛や抜け毛が気になる部分を中心に、頭皮全体にふりかけ、
指の腹でエキスが頭皮にしみこむようにマッサージしながら揉みこみます。
2〜3分ほどかけて、しっかりとマッサージをしましょう。