薄毛、白髪のための手作り育毛剤

にがりで薄毛を改善

にがりは、人体に欠かすことが出来ないミネラルを含んでいて、
細胞を若返らせる効果のある海のエキスです。

 

実年齢よりもずっと若く見える人がいますが、
この外見の若々しさと深くかかわっているのが「活性酸素」だといわれています。

 

活性酸素は、私たちヒトの体を病原菌などから守るために必要なものですが、
活性酸素の量が過剰になれば生活習慣病の原因となり、老化現象を引き起こします。

 

例えば、活性酸素が頭皮や髪の毛に働きかければ、頭皮の老化現象である脱毛、ハゲ、白髪の原因になります。

 

ですから、若々しさを維持するためには、活性酸素が過剰にならないようにすることが大切です。

 

活性酸素の対抗策としては、体内に備わっている「体内酵素」を活性化することです。
体内酵素とは、私たちの様々な生命活動を司るエネルギーと言うべき存在です。

 

私たちの体には、一定量の体内酵素が生まれつき備わっていますが、
この酵素には限りがあるので使い切ってしまうと活性酸素に対抗することができなくなります。

 

さて、体内酵素を活性化するために役立つのが「にがり」です。
天然のにがりは、海水を濃縮して塩を結晶させた後に残る液です。
そして、海水のミネラルがたっぷり含まれています。

 

ヒトは、海の中で生きていた生命体が進化したものといわれています。
そのため、ヒトの血液の液状成分(血漿)や、胎児が育つ羊水のミネラル成分の比率は、
海水ととてもよく似ています。

 

身体に必要なミネラルバランスを持つ天然のにがりを取り入れることによって、
体内酵素が活性化され、活性酸素の害に打ち勝つことができるようになるでしょう。

 

また、直接にがりを頭皮に塗ると、細胞に直接入り込んで新陳代謝を高めてくれるので、
細胞そのものも活性化し、結果、髪の毛が生えてきたり、
白髪が黒くなるなどの効果も期待できます。

にがりの育毛水の作り方

にがり育毛水の材料(20日分)

 

天然にがり小さじ3(15g)、ゴマ油(生絞りのもの)30ml

 

* にがりとゴマ油の比率を1:2と覚えておきましょう。

 

* ゴマ油は、原料のゴマを生しぼりした透明な色のもののほうが、
 出来上がりのにおいが柔らかくなります。

 

にがり育毛水の作り方

 

瓶などの容器ににがりを入れて、ごま油を注ぎいれ、冷蔵庫で3週間ほど置きます。

 

にがり育毛水の使い方

 

最初は、にがりとごま油が分離していますが、
徐々にごま油とにがりの成分が溶け込んでいきます。
分離したにがりは多少残りますが、3週間を過ぎることには使うことが出来ます。

 

一度につける目安は、ディースプーンに1杯程度(3〜4ml)です。
洗顔後の頭皮につけて軽くマッサージをするように使います。